萌えボイス
 
萌えボイス 萌えボイス作成 マッチング板 既存作品購入 声優検索 お題でボイス
 
萌えボイス作成
 

声優名 音羽 咲夜(オトワ サクヤ)  [ 声優詳細情報 ]
価格 852円 文字数 1503文字
サイズ 14311.4 KB 公開日 2021年5月17日
声のタイプ 大人しい少女_声高め ファイル形式 mp3
売れ行き
 この作品の販売回数 : 0回
作品内容  スライダーの会さん制作のゲーム内にて使用される予定のキャラクター音源です。終始モノローグの雰囲気で進みます。

台詞
あの年の夏を思い出すたびに、私(わたし)は推し量る

彼女達の目には、百年後の世界が映っていたのではないか…と

昭和20年8月、陸軍等を中心とする大日本皇国(こうこく)政府は、ポツダム宣言の受諾を拒否し、米英との最終決戦に臨んだ

数多(あまた)の国民が、第三の原爆投下や、連合国軍の上陸に備えて動員されると共に、日本独自の原爆開発や、太平洋諸島での撹乱工作 それは「イザナミ作戦」と呼ばれた といった、無謀な起死回生さえも計画された

一方、漁夫の利を狙って満洲・朝鮮・樺太・千島への侵入を進めていたソビエト ロシアは、遂に北海道へと上陸し、その北部を占領するのみならず、札幌・箱館方面にまで迫った

終戦後、我が国は米露に分割占領されていたが、朝鮮戦争によって東アジアが混乱状態に陥ると、北海道から東北地方への拡大を企図していたロシア軍や、中華ソビエト共和国に支援された政治集団が勢力を広げた

「彼ら」は、民主主義の実現や、腐敗政治の撲滅、アメリカ依存からの脱却、そして貧しい労働者・農民の保護といった一見魅力的な公約を掲げる事で、国民から支持を集め、更に旧日本陸軍などの一部をも味方に取り込んで、内戦を制し、政権を掌握するに至った

誇り高き「日本(にほん)人民共和国」の成立である

だが…いつの時代でも、権力には人間を変貌させる魔力があり、一度権力を手にした者は、それを自らが独占し、他を排除しようとする傾向がある

彼らもまた、同じ過ちに手を染めてしまった

彼らは、連立政権のほかの党派を解散させて、一党独裁体制を築き、産業国有化や市民の監視・弾圧を強行した

その結果は、最悪だった

人権統計資料などの調査記録によれば、数百万人もの自国民が、恐怖政治の犠牲者になったと考えられている

そして、共和国の成立から約三十年後の夏、天下は再び、革命の季節を迎えた

小惑星の地球衝突によって、人類文明は存亡の危機に瀕し、世界は大いなる混沌の時代に突入した

日本列島にも多くの隕石が落下する中で、独裁政権の支配に不満を抱いていた人々は、遂に人民共和国への本格的な反乱に立ち上がり、自ら新国家を「建国」する群雄さえ現れた

更に、アメリカ連邦に亡命していた日本人グループが、米軍の支援を受けて九州・関東に上陸し、九州の大半を占領すると共に、横浜・千葉・東京・水戸・宇都宮などを次々と陥落させ、ここに日本人民共和国は滅亡した

東京の新政府は、西欧的なデモクラシー国家「日本帝国」の開闢(かいびゃく)を宣言し、国民の自由と権利を保障し、新しき時代の元号は「光復(こうふく)」と定められた

小惑星の衝突は、皮肉にも西洋における冷戦の終結を促し、世界各国の人々は、隕石による甚大な被害からの復興に挑戦しながら、来たるべき21世紀の新秩序を摸索していった

我が国においても、様々な事件や出来事があった

その中で、自分自身に関して言えば、私が生まれたという事を、一つとして挙げられる

また、光復7年の南播磨(みなみはりま)地震 阪神淡路大震災や、同年の秘密結社「邪馬台国」による化学兵器テロ事件も、危機管理に関する重大な戦災として、我々の記憶に新しい

そして、もう一つは…

そして、もう一つは…新しい家族との出逢いである

この日記を書き始めた頃、私はまだ子供だった

けれど、この日記を書き終え、読み返す頃には、私自身も、日本も世界も、ひいては地球・宇宙さえも、過去や現在とは異なっているだろう

それを忘れぬため、この地球世界で、日本列島で何が起き、その中で自分はいかなる運命を選択したのか、この本に記録して行きたいと思う

今この瞬間、本書を読んでいるであろう、未来の私…そう、あなたのために…

音羽咲夜


購入者からの評価
評価値 0 ポイント
購入者のコメント
 
特定商法取引表示 :  プライバシーポリシー :  声優ログイン :  ご利用規約 :  リンク